HMB極ボディはいつ飲めばいいのか?

筋トレをしている日は、筋トレ前か筋トレ中に飲むこと。筋トレをしない日も、食間に飲むのが効果を維持できる。

毎日飲み続けることで、理想の筋肉が手に入るのです。

HMB極ボディを飲むタイミングとは

HMB極ボディの成分であるHMB、筋肉を増強させる効果的な1日の推奨摂取量は1g〜3gとなっています。

それ以上飲んだとしても、比例して効果が上がるわけではなく、過剰摂取は肝機能の低下を招くことになるかもしれません。

HMB極ボディのHMBは、1日の摂取目安は3粒が効果的になる目安です。

筋肉が増強していくメカニズムとして、筋トレで負荷をかけて筋繊維を壊します。壊れた筋繊維を修復して、筋肉を休養させるというサイクルで筋肉が増強されるのです。

そして、筋肉はたんぱく質で構成されていて、たんぱく質の合成とタンパク質の分解を行うことで、筋肉の量を調整しています。たんぱく質の合成で、筋肉は増えていきます。

たんぱく質の分解が行われると、筋肉は減少していくのです。HMBは、たんぱく質の合成を促し、たんぱく質の分解の抑制、筋肉の回復という効果を持っている栄養素なのです。

このHMBが発揮されるように飲むのが一番の効率のいい飲むタイミングとなるわけです。

筋トレを行う場合は、筋トレの前、もしくは筋トレ中がベストなタイミングになります。摂取目安の2粒を飲みます。

これは、HMBを飲み始めてから30分くらいで血中のアミノ酸濃度が上がり、筋肉へと働きかけていくからなのです。そしてトレーニング1粒飲んでください。

筋トレをしない日もあります。筋トレを毎日おこなうより、筋肉増強のサイクルの一つとして、筋肉の休養というのが必要になってきます。

筋肉が休養して回復することを、超回復をいいますが、超回復がないと筋肉は増強していきません。HMBは筋肉の回復にも効果的なのです。

アミノ酸は、摂取してから4時間くらいしか効果がないのです。食事でアミノ酸は摂取できるので、食事と食事の間が望ましいのです。

HMBは、アミノ酸のロイシンが代謝したものなので、食事からも摂取することができるのです。

朝食と昼食の間、昼食と朝食の間、寝る前と目安の摂取量を3回に分けて飲むことで、HMBの効果を体内に持続させることができます。

筋肉増強のサイクルに合わせて飲むタイミングや飲み方が変わりますが、毎日飲み続けることによって筋肉を増強、維持していくことができるのです。

>>HMB極ボディの口コミでの評判は?本当の効果はどうなの?

HMB極ボディの飲み方の注意点は?

HMB極ボディは、EAAやクレアチンも配合している筋肉増強サプリメントです。HMBは、水以外の飲み物でも問題ないと言われています。

ただHMB極ボディは、EAAやクレアチンが配合されているので、多量のカフェイン、酸性の飲料水との飲み合わせはよくないので、基本的には水で飲むことをおすすめします。

女性の方にも効果的ですが、即効性もあることを考慮して、3粒から4粒を目安にすることをオススメします。

HMBの効果は、飲み始めて1〜2週間くらいで効果が現れ始めてくると言われています。

HMBの効果は個人差があり、筋トレ初心者や上級者によっても効果が現れるのが異なってきます。筋トレ初心者は筋肉が早い段階で筋肉がつきやすいと言われています。

筋トレ上級者は、筋肉がつきにくく、その場合はクレアチンと併用することで効果がでると言われています。HMB極ボディは、嬉しいことにクレアチンも配合されています。

HMBを飲み続けて、筋肉の増強を実感できるのは、目安ですが、数週間から数ヶ月はかかると思います。継続して飲むことで、強靭な筋肉を手にいれることができるのです。

まとめ

筋肉が増強していくための筋肉の崩壊、筋肉の修復、筋肉の回復というサイクルを理解することで、HMB極ボディを飲むタイミングの意味がわかると思います。

例えば、筋トレ前や筋トレ中に飲んで、今、筋肉がたんぱく質の合成をしているとか想像しながら筋トレを行うのも楽しいものがあります。

筋肉が日々増強されていくのを感じながら、理想の筋肉を手に入れたいと考えているなら、まずはHMB極ボディの公式サイトを!

>>HMB極ボディの公式サイトはこちら