HMB極ボディを飲むメリットは、効率よく筋肉を増強をサポートしてくれることです。

HMBが直接筋肉に働きかけるから、短時間で効果が期待できるのです。

錠剤型のサプリメントだから、簡単、持ち運びが楽なのもメリットの一つですね。

HMB極ボディって何?

HMB極ボディは、筋肉をつくるためもサポートしてくれるHMB配合の錠剤型のサプリメントです。

HMBとは、筋肉をつくるために必要な必須アミノ酸のロイシンの代謝物になります。

必須アミノ酸のロイシンとは、筋肉の増強効果、筋肉の減少、筋肉の回復を促進させる働きがります。

HMBはロイシンの代謝物なので、直接、筋肉に働きかけてくれるのです。

筋肉とは、たんぱく質で構成されています。筋肉は、たんぱく質の合成と分解という働きによって筋肉の量を維持しているのです。

たんぱく質の合成とは、筋肉を増やすことで、たんぱく質の分解は、筋肉を減らすということになります。

HMBは、壊れた筋繊維を修復する時、たんぱく質の合成を促し、たんぱく質の分解を抑える働きをしてくれます。

筋肉は、筋トレで筋繊維を壊してから、栄養素で修復をして、休養で筋肉が増強されるというサイクルなんです。

栄養素で筋肉を修復しますが、このサイクルに必要な栄養素がHMBになるのです。

必須アミノ酸のロイシンは、体内で合成できないので、肉類や魚類、豆類に含まれているロイシンを体内に摂取します。

摂取したロイシンが全てHMBに代謝されるわけではなく、摂取したロイシンの5パーセント程度と言われています。

筋肉の増強や筋肉の減少の抑制の効果を考えると、一日の摂取量3gのHMBが目安と言われています。

そうなると、ロイシンを60g摂取しないといけません。

60gのロイシンを体内に摂取するには、牛肉100gでロイシンが1.8gくらい、鰹節が100gで5,6gですから、考えるとものすごい量になります。

筋肉の増強のために、1日3gは、食事だけでは補いきれないので、サプリメントの力が必要になってくるのはわかると思います。

HMB極ボディのメリットとは

HMB極ボディの一番のメリットは、HMBを筋肉増強のための効果がでる摂取量を、錠剤で簡単に体内に取り込めるということです。

体内に取れ込まれたHMB極ボディは、筋肉の増強、筋肉の減少の抑制、筋肉の修復と回復といった効果をもたらすのです。

HMB極ボディを、3粒飲んでも、すごく低カロリーなので、ダイエット中でも気にする必要がないのが嬉しいです。

HMB極ボディの配合成分、HMBだけでもすごいのですが、プラスして筋力をサポートする成分も配合しているのです。

アミノ酸であるEAA、これは必須アミノ酸の総称なんです。

最近筋肉サプリメントでは、一時BCAAが流行しましたが、現在最先端のアメリカでは、EAAが主流になっているのです。

EAAは、BCAAに含まれているバリン、ロイシン、イソロシンだけではなく、トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニアルアラニン、トレオニン、ヒスチジンも含まれているのです。

またHMB極ボディは、筋肉をサポートするサプリメントなので、飲むだけでは筋肉の増強にはつながりません。

筋トレと組み合わせて飲むことで、HMB極ボディの効果を発揮することができるのです。

>>HMB極ボディはいつ飲むのがベストか?

まとめ

HMB極ボディは、筋トレと組み合わせることで、筋肉を効率よく増強していく効果があります。

HMBを食事だけで摂取できれば理想なのかもしれませんが、それは現実的ではありません。

でもHMB極ボディなら理想のボディを現実にしてくれる効果があるのです。

>>HMB極ボディの公式サイトはこちら