HMB極ボディに基本的には副作用はないです。HMBは、食品から摂取できるものだからです。

でも、いくら体にいいものでも、摂りすぎは、体に負担をかけてしまうのは当たり前です。

摂取量を守って服用すれば、副作用がない筋肉増強をサポートするサプリメントです。

HMB極ボディとは?

メタルマックスHMBに配合されている、HMBって本当に飲んでも大丈夫なの?とHMBのことを知らないと不安になると思います。

HMBとは、正式名称は『β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸』といいます。

必須アミノ酸の一つであるロイシンが体内に入り、それが代謝されると生成されるロイシンの代謝物質のことなのです。

では、必須アミノ酸のロイシンってなんでしょうか。

ロイシンは、たんぱく質を含む食品に含まれています。筋肉の増強、筋肉の減少を抑えるといった働きがあるのです。

ロイシンは、必須アミノ酸なので、体内で合成することができないので、食事やサプリメントでの摂取が必要になってきます。

筋肉は、たんぱく質で構成されていて、筋肉は、たんぱく質の合成と分解をおこない筋肉の量を維持しています。

たんぱく質の合成は筋肉の増強へと、たんぱく質の分解は、筋肉の減少へとなるのです。

体内にたんぱく質をと摂取して、そのたんぱく質がロイシンへと分解され、ロイシンが代謝してHMBが生成されて、筋肉へと直接働きかけていきます。

HMBは、普通に食事をすることで、摂取できるものなのです。ただ、筋肉の増強効果を考えるのなら、摂取量が足りないのです。

HMBが筋肉増強の効果を発揮するのは、3gが望ましいとされており、食事からでは、1g以下になってしまうのです。

>>HMB極ボディは楽天、Amazon買える?一番お得なのは?

HMB極ボディの副作用はあるの?

HMB極ボディの副作用は、摂取量を守っていれば大丈夫なのです。

食事をしていれば、HMB極ボディに配合されているEAAも毎日のように摂取しています。食費に含まれているものなので、副作用は考えにくいものです。

ただし、摂取量が多くなると、体には負担となってしまいます。考えられる副作用を紹介します。

HMB極ボディに含まれている、EAAがありますが、これは必須アミノ酸の総称です。

これらも食品に含まれているものなので、自然のものですが、摂取量が多くなると、筋肉で消費されなかったEAAが、肝臓で代謝をして腎臓へと送られるのです。

肝臓や腎臓に負担をかけることによって、アンモニアが尿素回路で処理できなくなるという高グルタミン血症を引き起こすこともあります。

過剰摂取により、体が不足していると勘違いするというアミノ酸インバランスと呼ばれている現象が起きるそうです。

そうなると、免疫機能の低下、体重の現象などの症状を引き起こしてしまいます。

逆に不足してしまうと、筋肉低下、肝機能の低下といった症状を引き起こしますが、普通に食事をしていれば、不足ということはないと思います。

まとめ

HMB極ボディは、筋肉増強サポートしてくれるサプリメントですが、成分は、食品に含まれているものを効率よく摂取できるようにしたものです。

摂取量を守っていれば、副作用はなく、安心して筋肉を増強させること効果があります。

効率よく筋肉を増強したいなら、HMB極ボディと筋トレで理想の体へ短時間で近づけるかもしれません。

>>理想を現実にしたいならHMB極ボディの公式サイトはこちら