筋肉のついた引き締まった体は、いくつになっても憧れますよね!

特に鍛えてる人と鍛えてない人で見るからに体系に大きな差がでる40代。

若い頃は運動していなくてもやせていたり、少し筋トレすればすぐ効果が表れていました。

しかし、体の劣化していく40代は、意識していないとお腹がポッコリ出てきたり、筋肉がないとだらんとしただらしない体になってしまします。

年齢を重ねているからこそ、筋力アップさせ、同世代の男性に差をつけたいですよね!

では、40代で筋力アップさせるにはどういったことに気を付けて、どういったことをすればいいのでしょうか?

かっこいい40代になるための筋力アップの方法もまとめてみました。40代だからこそ、筋肉のついたかっこいい体を手に入れましょう!

40代は基礎代謝が低下する?

基礎代謝とは、動いていなくても消費するエネルギーのことをいいます。

この基礎代謝が低下すると、カロリーの消費が少なく、太りやすくなります。

実は、基礎代謝は加齢とともに低下するといわれているのです。

つまり、30代と同じ食生活や運動をしない生活を送っていると太って見た目も変わってしまい、病気などのリスクも高くなってしまいます。

では、この基礎代謝を上げるためにはどうしたらいいのでしょうか?

一番大切なのは運動をすることです。

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をするのが健康のためにいいといわれていますが、有酸素運動と合わせて筋トレをすることがおすすめです。

その理由は、体内の筋肉量が増えれば基礎代謝も上げることができるからです。

基礎代謝が低下し、体型が崩れやすい40代こそ、筋トレをしてかっこよく健康的な体を目指しましょう!

40代で筋力をアップさせるには?

40代は激しい運動で体に負担をかけないように、筋トレを無理なくマイペースに続けることが大切です。

例えば、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど、初めは無理せず10回、20回から少しづつ回数を増やしていきましょう。

また、40代は疲れやすく、筋トレをするとなかなか筋肉の疲労がとれません。

しっかりと疲労を回復させたり、疲労を軽減させるための対策が必要です。

疲労の回復ですが、筋トレをすると筋肉が傷つき筋肉痛などの痛みをともなう場合もあります。

睡眠などの休養をとることで傷ついた筋肉が修復されます。筋肉には、回復するときにより強い筋肉になる超回復という性質があります。

この修復されるときに、しっかり栄養をとることや睡眠をとることがとても重要です。

必要な栄養素とは、運動により消費される栄養素、アミノ酸や筋肉を作る上で必要不可欠であるタンパク質です。

運動後に、筋肉を修復するために必要な栄養を摂っておけば、効率よく筋力をアップさせることができます。

運動前にエネルギーとなる栄養素を摂ってとけば、疲労の軽減やパフォーマンスの向上に役立ちます。

このような筋力アップに必要なアミノ酸やタンパク質は、おもに肉や魚、豆腐や納豆などに多く含まれるのですが、バランスよくこうした栄養素を食事から摂取するのはとても難しいです。

そこでおすすめしたいのが、筋力アップに必要な栄養素が配合されているサプリメントを飲むことです。

サプリメントなら、飲むタイミングも選ばないので、筋トレの前後に摂取することができます。

筋トレにはプロテイン!というようなイメージがありますが、プロテインだとシェイカーで混ぜたりする面倒さや、たくさん量を飲むのがきついこともあります。

ですので、40代で筋トレを始めるなら、サプリメントを上手に使って賢く筋力アップさせましょう!

>>筋肉を付けるための睡眠とは?