HMBとクレアチンを併用するとどんな効果があるのでしょうか。

HMBが筋肉の増強をサポートを、クレアチンが筋トレの向上をしてくれる、筋肉をダブルでサポートする組み合わせなのです。

筋肉がなかなかつかないと悩んでいるなら、HMBとクレアチンの併用を試す価値ありです。

HMBとクレアチンってどんな効果があるの?

HMBとクレアチンの効果について簡単に説明します。

HMBとは、必須アミノ酸ロイシンが体内で代謝したときにでる代謝物のことです。HMBは、筋肉の増強、筋肉の減少を抑制、筋肉の回復に効果があります。

必須アミノ酸のロイシンの代謝物なので、ロイシンと働きはほぼ同じだと思ってもいいです。ロイシンよりは筋肉へ効率よく効果を与えることができます。

必須アミノ酸のロイシンは体内で合成されないので、HMBもそうですが、食事やサプリメントからの摂取が必要になってきます。

クレアチンとは、アミノ酸の一つで、体内で合成されるものです。エネルギー源になるので、身体能力や運動パフォーマンスの向上に効果があります。

それ以外にも、筋肉を増やす、脳の疲労を軽くするといった効果もあります。

肝臓や腎臓、膵臓から、絶えずエネルギーを作り出し、体内で作られるのなら、サプリメントでの補充はいらないのではと考えると思います。

消費が多いトレーニングなどすると、エネルギーが不足してしまうので、運動を続けるためにはクレアチンの補充が必要となってくるのです。

筋トレを続けるための瞬発力や高い運動パフォーマンスのピーク時の力を持続させたりする効果があるのです。

クレアチンを併用するメリットは?

HMBは、、筋肉増強と筋肉の減少の抑制、回復と筋肉に直接的に働きかけ、クレアチンは筋トレといった運動パフォーマンスの瞬発力やピーク時の力を維持するエネルギーを供給していきます。

要するに、HMBが筋肉を増やし、クレアチンは筋トレの量を増やすので、筋肉が簡単に効率よく増強していくことになるのです。

クレアチンと併用して効果を得られる人は、筋トレの上級者になります。初心者はまだ筋肉が増強していないので、クレアチンまでは必要がなく、HMBだけで十分に効果がでるのです。

筋トレの上級者になると、筋肉を増強させるために、瞬発力といった高い運動パフォーマンス、筋肉への負荷が大きくなってきます。

筋トレの消費エネルギーが多くなるので、エネルギーを補給していく必要があるからなのです。

実際に、クレアチンと併用して飲むことで、筋トレの効果が2、67倍にもなったという報告があります。

HMBとクレアチンの飲み方

HMBは、筋トレ前、筋トレ中に飲むのが、効果がでるタイミングです。筋トレをしない日は、筋肉の休養日には、食間に飲み、体にHMBの効果を持続させて、筋肉の減少を抑制します。

摂取量は、効果がでると言われている1日の摂取量は、HMB3gが目安になってきます。

クレアチンは、効果がでる飲みタイミングは、筋トレの1時間前です。筋トレをさらにハードにできるためです。クレアチンの体への吸収がいいのは、食後になります。

一日の目安の摂取量は、5gです。1回で5gの摂取ではなく、毎食後にわけるようにします。

クレアチンを大量に摂取すると、基本的に副作用はないと言われていますが、尿の増加や腹痛といった症状がでる場合があります。

クレアチンは、インスリンというホルモンによって筋肉のなかに運ばれていく特性があります。

インスリンは糖分を摂取すると分泌されるので、クレアチンを飲むときは糖分も一緒に飲むと効果が出ます。

さらにクレアチンの飲み方についてですが、クレアチンは水分とくっつくという性質があるので、多めに水分をとるようにします。

クレアチンを飲むときですが、酸性の飲料水や多量のカフェインと一緒に飲むのは、おすすめできません。基本的に水と飲むようにしてください。

まとめ

HMBとクレアチンの併用によって、今までの筋トレでなかなか筋肉が増強しないと悩んでいた人には、効果がでる組み合わせではないでしょうか。

もっと筋肉を増やしたいと考えているのなら、筋トレメニューを考え直すより、HMBとクレアチンの併用を試す価値があるのではないでしょうか。

もしHMBをしっかり取りたいのであれば、HMB極ボディはおすすめですよ。すっごく話題になっているサプリメントで、1日の摂取量であるHMB3gを気軽に取ることができます。

>>HMB極ボディの公式サイトはこちら